首こりに悪い食生活というのがあるのでしょうか? 食生活によっては、首こりを悪化させてしまうこともありますから、気をつけなければなりません。 具体的には、糖分・脂肪分・塩分の多い食品を食べ過ぎると、首こりを悪化させてしまうでしょう。 首こりは、首や肩の血流が滞ることが原因で起きてしまうため、血液がドロドロになる食べ物は、症状をますます悪化させてしまうのです。 皆さんご存知だと思いますが、血液がドロドロになると、流れにくくなってしまいます。 そして、血液をドロドロにしてしまうのが、糖分過多・塩分過多・脂肪分過多です。 糖分や脂質は粘着質ですから、なんとなくわかりますよね。 塩分は水分を吸収してしまうため、血液中の水分が減少して、ドロドロになってしまうのです。 同様に、お酒も首こりにはよくありません。 お酒を飲めば、血行が良くなると思われがちです。 でも、お酒には利尿作用がありますから、結果的に血液中の水分が減少して、血液がドロドロになってしまうでしょう。